都市再生研究会

日本の国際公約である温暖化ガス25%削減に向けて環境負荷の小さい循環型社会の建設を、環境・リサイクルや林業という切り口から考えます。また環境・リサイクルや林業によって生まれるバイオマス燃料は日本発の21世紀の新しいエネルギー資源として、日本の海外貢献にも役に立つと考えています。この研究会は名古屋を拠点に活動しています。

理念

明快な未来志向で進める都市再生。根本は『街造り』の前に、人と地球に『優しい人造り』。資源・エネルギーを、効果的に(カスケード利用、Reduce、Reuse、Recycle)活用して再生された都市は、エネルギー、食料、セキュリティーの最低限の安全保障が確立される都市。ここでは、インフラを俯瞰的に眺め整備し、持続可能性、生物多様性、低エネルギーの仕組みの上に成り立ちます。その上で、今と未来が安心安全快適、つまり幸せが実感でき、人と地球に優しい街として蘇ります。

担当 山口直彦


山口理事・藤原代表理事対談

前田雅之理事代理・藤原代表理事対談(2014.01.26)

研究会活動

NSP都市再生研究会ブログ

アーカイブ

都市再生研究会 活動紹介 前田理事代理 2014-01-26


研究会への参加について

各研究会は原則どなたでもご参加いただけます。本NPOの会員登録をしていただくと参加費の優遇など様々な特典があります、また研究会の中心メンバーとしての活動ができます。
会員登録はこちらから