たまり場

今期から新たに「たまり場」を立ち上げ、その活動と支援に取り組むことにいたしました。 世はまさしく民政自治、地方創生の時代です。まずは各地域にお住いの皆様方で「たまり場」を作っていただき、さらには地域の「たまり場」同志が繋がっていただきますことを心から期待いたします。

>>たまり場についての詳細はこちら

公認たまり場

各地域や同じ目的をもった同志の方達でたちあげた当NPO公認たまり場です。
どのたまり場もご自由にご参加いただけますのでお気軽にお問い合わせください。

名称 活動拠点 代表者 活動概要
人と組織と心研究会 東京近郊 佐藤茂則 ◆<a href="https://nipponsaisei.jp/podcast/Tamariba01.newsletter03.pdf" target="_blank">人と組織と心研究会ニューズレター最新版は、こちらよりご覧ください。</a>

◆6月定例会開催のご案内
日 時: 6月11日(日) 午後2時から4時半 
テーマ: 「技術と人の共生」
IOTの話題、認知...
多摩黒川農園たまり場 多摩黒川 嶋崎剛志 「Lohas」な人生・生活を楽しむために、
また「半農半X」を実践するために「農」にまつわる文化理解、技術習得
およびネットワークの構築を目的とします。

また農園自体をたまり場にすることによる「365日Open」の居場所と
「仲間」を提供することも大切な目的となります。

◆活動状況は、<a href="https://www.facebook.co...
SVC(Soho Valley Commons) ソーホーバレーコモンズ 東京近郊 依田孝吉 「ソーホーバレーコモンズ」は、地元を愛する人々の共感から生まれた街づくり構想です。
時が築き上げてきた大切な歴史を受け継ぎながら、
さらにもっと快適な「私たちの街」を創り出そう。
自分たちの街を、自分たちの手で・・・。
こうした心が集まりふくらんだつぼみがSVCのコモンズ構想です。

*定例会は、毎月第3水曜日18:30~21:00 懇親会21:15~22:4...
名古屋地域再生研究会 愛知 久志公洋 異年齢の人々が集うことを通して、地域の人々の間のコミュニケーションを図り
ロハスの生活と環境共生社会を目指します。

名古屋農楽倶楽部として活動をはじめ、今年で6年目となりました。
微生物による堆肥を使用して田圃(3反)畑(1.5反)果樹園(1反)。
毎年田植え、稲刈り、脱穀時には口コミやSNSなどで募集して、
多数のご家族の方々が体験され喜んでいらっしゃいま...
たまり場福岡 横の繋がり 福岡 高橋英治 <活動目的と活動概要>
①ロハスな活動をしている個人・企業・組織への訪問、紹介、連携を通し
地域の活性化と連帯を図る
②御用達経済の促進
③横型リーダーシップの研究・実践をし、地域の横のネットワークを築く
④福岡藤原塾のお世話

年4回の福岡藤原塾開催、平成26年9月からは、毎月「たまり場福岡」を開催し、
勉強会と情報交換を実施しています。

...
中小企業の経営資源とハピネス研究会 主に関東 阿部重利 代表的な経営資源「ヒト・モノ・カネ・情報」等に対し、
中小企業がどんな課題・問題に対峙しているか、その克服策・解決策を、
座学や取材を通して探っていきます。

日本の経済は、事業者数の99%、雇用の約7割を担う中小企業の発展なくしてはありえません。

そこで我々は、藤原理事長の提言から生まれた従前の「中小零細企業研究会」の目的を引き継ぎ、
新たにその経営資源...
新月の五風十雨(2016たまり場アワード受賞!第1号) 山梨 向山邦史 生きていくうえで必要なものを他人の手に委ねず、自然の恵みに預かりながら
自分の手足を使って、健康で自活できる暮らしを学び実践するコミュニティーを目指します。

誰もが安心して生きられる社会を作るための、確実で手堅い現実的方法と考えます。

このたまり場は、毎月星空がきれいな新月の日に、
山梨県北杜市白州町横手の五風十雨農場で、日中はLOHASを実践、研修し、
...
Empowered Journey 矢部さんと鹽竈とわたしたちと 宮城・東北 樋口敬子 2011年(平成23年)3月11日(金) 14:46、東日本大震災・福島原発事故発生、この大災害を風化させないため、地震が起きた、津波が押し寄せた現場のこれまでと今、そしてこれからの状況を自分たちの足で歩き、目で観て、地元の方々の生の声を聴いて、復興の息吹を心から体感する旅を続けています。

宮城県鹽竈市の自宅・店舗ともに被害にあいながらも震災後いち早く2011年7月31日にお店を再開さ...
ソーシャルデザイン研究会 主に東京 山中茂樹 地域・日本・世界が抱える社会的課題に対して、問題を問い、その解決策をデザインし、新たな価値を創造する仕組みづくりを考えることを「ソーシャルデザイン」として、持続可能な未来・世界をつくるための種を探し、共有し、実践するたまり場です。

・新しい科学技術の勉強会・実践会
・実践者の現場訪問
・各地域や世界の事例研究など