中小企業の経営資源とハピネス研究会

たまり場名称 中小企業の経営資源とハピネス研究会
活動エリア 主に関東
代表者 阿部重利
概要 NSP第15期総会|公認たまり場活動報告発表



2017年(平成29年)10月14日(土)開催

<中小企業の経営資源とハピネス研究会の役割>
代表的な経営資源「ヒト・モノ・カネ・情報」等に対し、中小企業がどんな課題・問題に対峙しているか、その克服策・解決策を、座学や取材を通して探っていきます。

日本の経済は、事業者数の99%、雇用の約7割を担う中小企業の発展なくしてはありえません!

そこで、我々は藤原理事長の提言から生まれた従前の「中小零細企業研究会」の目的を引き継ぎ、新たにその経営資源について多角的に研究をすすめ、中小企業の発展ひいては日本再生の一端を担います。

将来的には中小企業「省」の設立等、ステークホルダー の”ハピネス”を夢見て、志し高く、そして時にはワイガヤと情報交換・発信に努めてまいります。

*たまり場へのご参加申し込み・ご興味がございましたら、こちらのページ下の「お問い合わせ」ボタンよりご連絡ください。

<第14期活動内容と活動履歴>
・2016年11月12日(土) 築地市場見学会
移転問題で何かと話題になっている築地市場を見学、築地青果・鮮魚市場の場内案内や、市場関係者インタビュー、そして鮮度抜群な食事まで含めた見学会を開催しました。

・2017年2月18日(土)第20回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会
代表の阿部が「健康経営について」考えると題して講演、メンバーの榎本が「わが国の財政問題を皆さんと学ぼう」と題して講演を行いました。

・2017年6月10日(土)第24回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会
浜野慶一さん(株式会社浜野製作所 代表取締役CEO)をゲスト講師としてお招きした「町工場の挑戦!」勉強会・後半のパネラーとして、代表の阿部と榎本が登壇し、健全経営・健康経営、これからの日本の製造業・中小企業の課題や展望について参加者の皆さんと理解を深めました。

・2017年9月2日(土)『ものづくり探求』と『ハピネス探求』楽しい初秋の浜の旅@キリンビール横浜工場
・五感をフルに使ったキリンビール横浜工場見学
研究員目線で体感できる『ノミモノラボ』にて、モノづくりの楽しさと
ノミモノの無限の可能性をビール醸造や容器の研究員の目線で体験。
・横浜から始まる日本のビールの歴史を体感できるSVB YOKOHAMAたまり場
 日本の『ものづくりへのこだわり』とその奥にある『ハピネス』探求の旅、
工場見学を通して感じたこと、気づいたこと、究極のものづくり、ハピネスについての語らい。


NSP第14期総会「次世代への継承ー健康立国宣言ー」公認たまり場活動報告より
2016年(平成28年)10月15日(土)開催

*たまり場へのご参加申し込み・ご興味がございましたら、こちらのページ下の「お問い合わせ」ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせ