◆NSP第14期テーマ『健康立国』特設ページのお知らせ

2017-07-11


私たちNSP第14期テーマ『次世代への継承-健康立国宣言-』特設ページです。

https://peraichi.com/landing_pages/view/nipponsaisei

site.jpg  

スマートフォン・タブレット端末対応・閲覧可能です。
phone.JPG

背景 |
かつて私たちNSPは、観光立国・新しい農業・日本列島の大掃除を政策として提案して、実際に日本政府・各地域・企業・民衆が動いてここまで来たわけですが、今度は改めて『健康立国』というテーマで日本再生のための国民運動を広げようと考えています。

目標 |
• 健康イノベーションで国民の健康を大幅に増進させ、今後 10 年間に租税負担率と社会保障負担率を合計した国民負担率を現在の 3 分の 1 にする。
 (平成 27 年の国民負担率は過去最高の 43.4%)
• さらに健康イノベーションを展開することで、健康で持続可能性の高い新時代の日本の国際競争力を高める。

健康イノベーション、3本の柱 |
• ストレスのない職場
多くの疾病や不調は職場のストレスが生んでいる。
新時代にふさわしい経営革命と働き方革命を通じて、職場のストレスを抜本的に減らす。

• 病気にならない生活
いかに健康を増進し、病気にならないかの実践的方法をあらゆる分野の知恵やイノベーションを駆使して確立し、 国民全体でそれをシェア(共有)し、実践していく。

• 安心できる社会インフラ
本格的な健康の増進には安心・安全の衣食住空間が必要であり、それをサポートする新しい社会インフラが必要である。
資源、エネルギー、交通、通信、土地利用、都市計画、産業、教育研究、職場、住宅、生活など、あらゆる社会インフラを健康増進の目的に向けて、斬新なイノベーションを駆使して再構築していく。