認定NPO更新審査結果のご報告とお礼

2019-01-09


昨日、2019年/平成31年1月8日(火)付、神奈川県より認定更新通知書を交付していただきました。

皆さまよりNSP活動にご賛同・ご支援をいただき、認定NPO法人としての有効期間の更新を受けることができました。関係者一同、心より感謝申し上げます。

今回の認定有効期間/2018年(平成30年)11月13日~2023年11月12日

*従前の認定の有効期間の満了の日の翌日からとなります。
前回の有効期間(平成25年)11月13日〜2018年(平成30年)11月12日

◎認定更新の歩み
審査対象実績判定期間(過去5年分/直前の5事業年度)の活動実績・組織運営の適正さなどが審査されました。

・昨年7月 認定更新申請(書類提出・受理)、書面審査
・昨年11月 実態調査・面談(2回)
・昨日1月8日 認定更新通知書交付

◎認定NPO法人とは
広く一般から支持を得ている、活動や組織運営が適正に行われている、より多くの情報公開をしている等の基準を満たしていることを所轄庁(都道府県)から認定された特定非営利活動法人(NPO法人)を言います。有効期間は、毎回5年となります。

◎認定NPOへの寄附金は、税制上の優遇措置が適用されます。
寄附者などが、税制上の優遇が受けられるようになることで、認定NPO法人への寄附を促し、NPO法人の活動基盤の強化を支援することが目的とされています。

・個人が寄附した場合/寄附金控除
寄附金控除(所得控除)又は税額控除のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の控除を受けることができます。

・法人が寄附した場合/損金算入拡大
特別損金算入限度額扱いとなり、一般のNPO法人への寄付と比べ、経費として扱える寄附金限度額が高くなります。

参考資料1(内閣NPO法人・国税局)
参考資料2(内閣NPO法人・国税局)
参考資料3(内閣NPO法人・国税局)

これからも毎月の勉強会・懇親会・たまり場などを通して、ヨコ型・シェア型・参加型の活動交流を深めていけますことを愉しみにしております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。