【前半】第79回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会 /令和4年9月質疑応答

第79回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会

オープニング(アイスブレイク・参加者交流)後、今月の質疑応答タイムとして、事前にお寄せいただいたご質問(会員限定)と当日ご参加くださったの皆さんからのご質問に藤原理事長がお答えしました。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

<今後のご案内>
・令和4年10月時事解説・時局分析(収録型)は、10月上旬アーカイブページにて公開予定です。

・(10月は総会開催月のため)次回のNSP時局ならびに日本再生戦略講演会は、11月19日(土)13時半よりハイブリッド型(会場@東京駅周辺とオンライン@Zoom)にて開催いたします。詳細・参加申込ページは、 10月以降にご案内予定です



音声mp3はこちらからダウンロード



YouTube利用規約更新が発表され、YouTubeにアップしている動画に今後広告が表示される可能性があります。(NSPチャンネルは、これまでもこれからも収益化しておりません)

Vimeo にも同じ動画をアップ予定です。お好みの方法にて内容を深めていただき、皆さまの日々の暮らしにご活用いただけましたら嬉しいです。


・クラッシュしてのハードランディング
・今までの常識と合わないことが起きてくること
・現実を理解できないことの大変さ
・大宇宙の実用化
・ロスチャイルド家の金融とそれ以外の金融
・ウクライナとイスラエル_ハルマゲトンの世界
・やめてから考えて始めてみること
・バイデンと岸田の役割
・手応えを感じることと小さな成功
・民政自治であり自然自治の国_日本
・crowding out
・静かなる銀行国有化
・防げないわけではなく防がない
・ババ抜きゲームでありチキンゲームの今
・在日米軍と日米安保と明治朝政府
・放射能と微生物
・全てのものが大宇宙のエネルギー
・オロオロしている間に始まった第二次世界大戦
・DSは戦後のこと
・レッドラインを越えたことと満州事変
・ウクライナ戦争_20年の最終決戦
・ロシアのレッドライン
・米軍の大統領は誰か
・イスラエル問題とロシア
・自然に動くマネー_実需原則
・理解とデタラメと植民地
・宋との貿易と博多の豪商と鎌倉幕府
・お金が全てではない_進化が離反したら
・高度な政治力
・マネーが政治を_政治がマネーを
・プーチンとトランプの関係性
・金と経済の関係_のどかな世界へ戻る
・リーマンショックの頃から上がったゴールド_なぜか
・高金利になるとゴールドは
・ゴールドの下値
・円安での輸出産業の厳しさ
・輸出は伸びない世界恐慌
・日本の完全独立
・属国が終わるのを嫌がる人たち_カンガルーの袋の中にいたい人たち
・12世紀から続いていることと800年ぶりの自律
・ソ連の崩壊と官僚制度の崩壊と瓢箪に駒
・1400年ぶりの独立_したくなくてもすることになること
・預金を守ることの簡単さ
・告白タイム
・アジアの潜在的核保有国
・利権丸出しの話
・地方でいろいろな基盤づくり
・来年以降の食糧危機の推移
・再編が進んでいる貿易システム
・日本もハードランディング
・昭和20年の米国の様子
・開発はおもしろい
・有機物の分解_不思議な世界
・発酵の仕方
・エネルギーの最大のポイント_触媒の世界
・砂糖水と嫌気性菌
・ナノの世界
・この世のエネルギー_光の世界_4次元
・大自然のエネルギー_音の世界_時空を超越
・重力の力が十分働かないところのすごさ
・現代の科学では説明できない物理現象_UFO
・パラレルワールドの影
・無限にある同じような世界
・地球上にはないウイルス
・UFOは何のためにいるのか
・鯨はなぜ取ってはいけないのか
・鯨とロシアのコミュニケーション_共存意識
・魚雷と津波と抑止力
・自然界なものなのか人工的なものなのか_境界線と混沌
・戦意喪失状態_ヘタレ込んだ状況の人たちとの関わり方
・土壌の上が好気発酵_土壌の下が嫌気発酵


<参考>

Gold(TRADING ECONOMICS)

Committee for Fukushima Nuclear Decontamination Resolve(福島放射能除染推進委員会)



「日本の村々に人たちが小さい小さいよろこびを追っかけて生きている ああ美しい夕方の家々の窓のあかりのようだ」昭和62年12月26日 椋鳩十

MUKU.jpeg


認定NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム(NSP)は、NSP会員の皆さまからいただきました年会費・ご寄附 を原資にアーカイブづくりをしています。ありがとうございます。

わたしたちのこれまでの活動記録(第7期〜第18期)は、こちらからご覧ください。

私たちNSPの活動にご賛同くださる方からのご寄附も受付ております。今後も継続した活動のため、皆さまのご支援・ご協力をいただけましたら幸いです。

2022-09-17

藤原直哉


関連のあるアーカイブ

対談
タグ別