NSP第14期総会・講演会 藤原直哉理事長基調講演『次世代への継承-健康立国宣言-』

<2016年10月時事解説>

○ 米大統領選挙の行方
・なぜクリントンが嫌われ、トランプが台頭してきたのか
・どちらが大統領になっても、米国は分裂。その影響は世界に広がる

○ 欧州金融の行方
・ドイツ銀行は救済できるのか
・イタリアの国民投票、イギリスのBREXITの行方

○ 日本の政治経済の行方
・下剋上が始まった
・お手上げの日銀の行方

<健康立国のポイント>
・健康立国宣言
・目標
健康イノベーションで国民の健康を大幅に増進させ、
今後10年間に租税負担率と社会保障負担率を合計した
国民負担率を現在の3分の1にする(平成27年の国民負担率は過去最高の43.4%)。
さらに健康イノベーションを展開することで、健康で持続可能性の高い新時代の
日本の国際競争力を高める。
・健康イノベーション、3本の柱
1. ストレスのない職場
・・・多くの疾病や不調は職場のストレスが生んでいる。
新時代にふさわしい経営革命と働き方革命を通じて、職場のストレスを抜本的に減らす。

2. 病気にならない生活・・・いかに健康を増進し、病気にならないかの実践的方法を、
あらゆる分野の知恵やイノベーションを駆使して確立し、国民全体でそれをシェア(共有)し、
実践していく。

3. 安心できる社会インフラ・・・本格的な健康の増進には安心・安全の衣食住空間が必要であり、
それをサポートする新しい社会インフラが必要である。
資源、エネルギー、交通、通信、土地利用、都市計画、産業、教育研究、職場、住宅、生活など、
あらゆる社会インフラを健康増進の目的に向けて、斬新なイノベーションを駆使して再構築していく。

<NSP第14期総会・講演会『次世代への継承-健康立国宣言-』>
* 日時 2016年(平成28年)10月15日(土)10:30~17:15
* 会場 インペリアル貸会議室
* 詳細 プログラム内容はこちらから

第14期総会・講演会「次世代への継承ー健康立国宣言ー」を
無事に開催させていただきました。
ご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
開催前からご準備いただきました各たまり場の皆さま、本当にありがとうございました。


関連のあるアーカイブ

対談
タグ別