中小企業の経営資源とハピネス研究会(公認たまり場 第6号)15期活動報告

NSP第16期総会|第3部 公認たまり場活動報告
2018年/平成30年10月20日(土)開催

公認たまり場活動報告
公認たまり場さんより、NSP事業年度(10月1日〜9月30日)1年間の活動報告をしていただいています。
・毎年7月開催のNSPフォーラム会場内たまり場ブースにて、資料提供
・毎年9月発行のNSP活動記録冊子内のたまり場紹介にて、活動記録掲載
・毎年10月開催のNSP総会にて、たまり場紹介と活動報告

中小企業の経営資源とハピネス研究会 第15期活動報告

<中小企業の経営資源とハピネス研究会の役割>
代表的な経営資源「ヒト・モノ・カネ・情報」等に対し、中小企業がどんな課題・問題に対峙しているか、その克服策・解決策を、座学や取材を通して探っていきます。

日本の経済は、事業者数の99%、雇用の約7割を担う「中小企業」の発展なくしてはありえません! 「起業」についても!研究を進めて参ります! 「健康経営」についても!研究を進めて参ります!

我々は藤原理事長の提言から生まれた、従前の「中小零細企業研究会」の目的を引き継ぎ、中小企業の「経営資源」について研究をすすめ、中小企業の発展ひいては日本再生の一端を担います。

さらには、「起業」や「健康経営」の研究もすすめ、日本の屋台骨=中小企業の「ハピネス」を夢見て、志し高く、ワイガヤと情報交換・発信に努めてまいります。

総会イベント開催前からご準備いただきました各たまり場の皆さま、当日の撮影・会場後片付けにご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました。

*民政自治・ボトムアップ・ヨコ型の時代、各地域や同じ想いを持った仲間で立ち上げられた8つの公認たまり場が、第15期(2018/10/1〜)も活動を継続しています。

公認たまり場制度
公認たまり場へご参加くださる方、新しくたまり場をつくりたい方、大歓迎です! 詳細はこちらからご覧ください。


関連のあるアーカイブ

対談
タグ別